アウトドア全般何でもやってます。やりたい!と一言声をあげれば何でも出来てしまう、そんな自由で楽しいサークルです。

野客とは?

「野客」と書いて「やかく」と読みます。
「自然に親しむ会 『野客』」という北大公認サークル団体で、今年で創立51年目を迎えます。
平日は月曜日、水曜日に例会という名目で集まり、 週末の予定や、登る山(日帰りが多いです)についての審議をします。

現在は北大のほか、近隣他大学の学生も在籍しています。詳しくはメンバー紹介をご覧ください。
野客は、北大付近(と言わず市内)の大学生や短大生、はたまた通りすがりの人(?)まで広く門戸を開いています。いつでも誰でも大歓迎です。

このサークルでは、旅行・自転車旅・登山・キャンプなどをして北海道を存分に満喫しています。これを読んで、もっともっと野客に興味を持ってくれたら嬉しいです。


野客の特徴

北大には、他にもたくさんのアウトドアサークルがあります。その中で「野客」の特徴といえば以下の3点になるでしょう。

1 少人数

他のアウトドアサークルに比べて人数が少ない!!でも決して人数が少ないことはデメリットにはなりません。むしろ少人数の方がその場その場での行動がしやすく、また臨機応変に動けるのです。
アウトドアにおいてフットワークの軽さは重要なポイントです。さらに、少人数の方がメンバーと親密な関係を築きやすいという側面だってあります。先輩後輩の距離が近くて、話しやすいのです。

2 自分のしたいことができる

このサークルの最大の強みは「誰でも企画を立てることができる」ということです。上級生だけではなく下級生も自分たちがしたいと思ったことができるということです。
今年度の活動は登山がメインとなってきますが、他にもキャンプやドライブ、チャリ旅など、やりたいことは何でもできます。仲間が考えた企画に参加する のは楽しいし、自分がしたいと思ったことを仲間と一緒にできるのはもっと楽しいはずです。

3 本当の意味での北海道を満喫できる

北海道は全国でも有数の観光地です。ですが北大生や北海道在住の人でも、実際に北海道をまわっているという人は多くはいません。札幌以外にも北海道には魅力ある場所が多く存在しています。
野客では北海道中の土地や名所を多く訪れることができるので、本当の意味での北海道を満喫できるに違いありません。せっかく北海道で過ごす数年間です。北海道を余さず楽しみましょう。


活動紹介

2016年に行われた活動の一部を写真とともに紹介します。今回紹介するのは、日高地方にあるアポイ岳登山と、「積丹ソーラン味覚まつり」という催しで、海鮮を格安で食べようという企画の積丹ドライブです。

アポイ岳登山(2016年5月22日)

札幌から南東に約200km、太平洋に面した日高地方にアポイ岳(標高810m)という山があります。今回は、この山に登った時の様子を紹介します。

⑥ その後は温泉に入って帰札。

積丹ドライブ(2016年6月26日)

日本海に面した積丹で、北海道らしい海鮮を味わってきました。

① AM6:00札幌出発!北海道旅行の朝は早い!


⑥ 帰り道に、「マッサン」の舞台となった余市にも行って見ましたが、ここでは省略します!


その他、野客は2016年も北海道中の様々な場所を回りました。

この2つの企画以外にも、今まで行われてきたほぼすべての企画はブログもしくはフォトアルバムで確認することができます。ぜひ見てみてください。

野客Q&A

Q1 例会とはなんですか?

A1 例会とは月曜日にサークル会館、水曜日にクラーク会館で行われる会議のようなもので、週末の活動について話し合います。山に行く場合は月曜日と水曜日に2回、登山の審議を行い、観光などに行く場合はどちらか1回という場合が多いです。
雰囲気はこんな感じです。
審議とは言いつつ冗談や食べ物が飛び交う会が多いです。 基本的に5限後の18:30から始まって19:45分くらいには終わります。
そして例会後には皆でごはん食べたり飲みに行ったりします。(もちろん強制じゃありませんよ!)。

Q2 山装備とはなんですか?

A2 その名の通り登山に持っていく装備です。
基本的には、ザックと呼ばれるリュックサック、登山靴、山用の雨具、スパッツという靴につける泥除けの道具の4つのものを呼びます。
ほかにも持っていくものはありますが、これらがあれば登山に行けます。もっていなくても最初のうちは親切な先輩が貸してくれます。

Q3 男女比は?

A3 現役に限れば3:1です。

Q4 お金はどれくらいかかりますか?

A4 参加する企画によります。以下は去年の例です。
① ワカサギ釣り
テント・釣り具代+温泉代+ごはん代+レンタカー代(ガソリン代込)=3~4000(円)
② 札幌近郊での登山
温泉代+ごはん代+レンタカー代(ガソリン代込)=3000(円)

どこに何をしに行くかで費用は変化しますが、日帰り企画だとだいたい3~4,000円くらいで、泊り企画でも1万円いかないことが多いです。また、野客では宅飲みや料理会をよく開催しますが、その際の費用は1人1000円以下がほとんどです!




ここでご紹介できたのは、野客の魅力のほんの一部です。
みなさんも一緒に、野客の、そして北海道の魅力を発掘しましょう!

inserted by FC2 system